FC2ブログ
47歳からのおちんちん増大の挑戦です。ジェルキングと吸引ポンプでおちんちんは大きくなるのか? 日々のチントレ、思ったこと、おちんちんサイズの測定結果の公表など。
2011/12/14(水)23:38
メイルエッジの延べ装着時間が、やっと10時間になった。スタート初日はヨメが実家に泊まったから、取り外しの練習したり、数時間連続で装着したりしてたけど、やっぱり家にいると装着する時間がない。

ヨメさんが寝てから、なんだかんだ理由つけて1時間くらいは起きていることにした。その1時間だけメイルエッジを装着する。もちろんヨメが寝る前に装着するチャンスがあれば装着しておく。
一番良い方法は、オレが先に風呂に入り、後からヨメが風呂に入ってる間にメイルエッジを装着しておく。そうすれば1日3時間程度の装着時間を稼ぐことができそうだ。

いずれにしても第一目標の500時間は遠い…



メイルエッジを装着しだして気付いたことだけど、負荷がかかるところまでおちんちんをひっぱるとやっぱり痛い。そして上向きに装着した時よりも下向きに装着した時の方が痛みがキツイ

今フロントピースを正規方向に取り付ける、勃起長さが13cmの人用の装着方法を行っている。そのフロントピースを正規方向でセットした状態で一番短いところでひっぱっているんだけど、下向きだと30分くらいで痛くなってくる。でも上向きで装着すると痛みは無い。
おちんちんが引っ張られることに慣れるまでは、基本、上向きで装着しようと思う。


今日で述べ装着時間は10時間。
おちんちんを目いっぱい引っ張った時の押し付け長さは14.5cmだ。おちんちんの大きさに変化はみられない。
まだ10時間。メイルエッジの延べ装着時間が100時間になる頃には、5mmくらいの増大を期待している。
だって少しは目に見える結果を出せないとモチベーションが維持できないし…

1日1時間じゃ、100時間になるまで3ヶ月かかってしまう。チャンスがある時にどんどん引っ張ろうと思う。まだメイルエッジを装着したままでの外出は控えている。もっと慣れて外出時や仕事中に装着できるようになると、一気に延べ装着時間が増えるんだけどね。

まぁ、あせってもしょうがないこと。まずは週20時間の装着ができるように頑張ってみたい。
2011/12/12(月)23:17
ヨメさんが実家に泊まるのは昨日と今日まで。だからメイルエッジを思う存分装着できるのは今夜が最後だ。

このメイルエッジはサイドバーの長さを調節することと、フロントピース(亀頭が固定される台)のセットする位置によって引っ張る長さが決まる。
どのくらいで牽引するかは、自分の勃起長さが基準となる。当然か…

オレの場合、押し付け勃起長さは14.5cm~15cmだ。誤差があるのは測定する姿勢によって変わってしまうから。
猫背にして測定すると15cmになる。でも直立したり背中を真っ直ぐにすると14.5cmなのだ。
ってことは14.5cmがオレの実力値ってことになる。

そしてメイルエッジの使い方の第一の分岐点なんだけど、勃起長さ13cm以上か以下かでフロントピースを取り付ける向きを変えなければならない。
メイルエッジ フロントピースの向き
上の写真で右上に写っているのが亀頭を乗せて固定するフロントピースだ。
写真は固定用のラバーストラップも着けた状態。

で、写真のように亀頭を固定する側を前にしてカチンとサイドバーにはめるのが、勃起時13cm以上の人のスタート位置となる。
勃起時13cm以下の人は、フロントピースを写真と逆にする。つまり亀頭を固定する側をおちんちんの根元側にもってきてサイドバーにはめる。

前者は約14cm。そして後者だと約10cmから引っ張るようになる。
これを決めてからサイドバーの長さを調節する。写真でサイドバーに6つの穴が見えると思う。そこに赤いポッチがカチンとはまる。
写真のサイドバーは一番短くセットしたところだ。穴を1つずらすと約9mm長くなる。

まぁ、慣れないうちから頑張ってひっぱても痛いだけだし、そもそも勃起長さ以上に引っ張るようにセットすることもできないだろう。
例えば14.5cmのオレがいきなり17cmで引っ張ろうとしても無理。おちんちんを痛めるだけだ。

とりあえず、今日は2日目。
フロントピースを写真のようにセットした状態で一番手前の穴に入れている。これでも多少痛くなってくる。でも慣れるまでは無理できない。おちんちんを痛めてしまってはチントレどころではなくなってしまう。

せっかく手に入れたメイルエッジ。気長にのんびりとチントレして結果を出していこうと思う。
2011/12/11(日)21:32
ここ半年、いや、半年以上だけど、夜勤ってこともあってチントレのモチベーションが下がってしまっている。が、その夜勤も終わり、どうやらしばらくは夜勤は無さそうだ。
ってことでチントレを再開しようと決意した。

そして吸引ポンプのマックスゲージを使ってのおちんちん増大を継続するか、それとも別なことをやってみようか?とずっと考えていた。
ミッション15が最終的に出した結論は、
おちんちんを引っ張って大きくする器具を使ってみよう、と決めた。前から一度使ってみたかったし…



おちんちんを引っ張って大きくするという器具で有名なのは、なんと言ってもアンドロペニス。でも値段が…
何買おうかって考えた時にはやっぱり値段の安いアンドロヤマトが第一候補となってしまう。
購入も視野に入れて情報を集めてみる。

そこで気付いたのが、オプションパーツや修理、さらにはサポート面まで考慮すると、初期投資の価格だけで決めてしまうと逆に高い買い物になってしまうかも?ってことだ。

アンドロペニス・ゴールド
アンドロペニス・ゴールド
  アンドロペニスは34,800円。

アンドロヤマトV3
アンドロヤマトV3
 アンドロヤマトV3は16,590円。(税込み)

ペニス増大ならメイルエッジ メイルエッジ プロ メイルエッジは36,000円
安心を買うという意味でも、やはり最終的に残った候補はこの3つ。
で、買ったのはコレ↓
メイルエッジ
メイルエッジPROだ。

実は数日前に届いていたんだけど、ヨメが居て開封できなかった。ケースは持ち運びようの袋も付いている。CDや取説もあり、やはりメイルエッジを選んで良かったと思った。
実際にメイルエッジの購入に背中を押したのは、
①サポート体制の充実
②2年間の保障
③効果が無い場合の倍額返金精度

だ。
まぁ、③に関しては、DanaLife社のトレーニングサポートサイト(英語)への報告と週一での報告義務があるから、実際には難しい面もあるとは思うけど…



で、今日は実際にメールエッジを使ってみた。サイト内の説明と写真だとイマイチわかりづらかった装着方法だけど、現物を目の前にしたことと、CDの解説、そして小冊子を読んでみると、案外簡単に理解でした。

そして実際装着してみたのがコレ↓
メイルエッジ装着 20111211
モザイクとぼかしで分かりづらい写真になってしまったけど、ほぼ勃起長で装着してみた。

装着直後は「なんだ、案外楽じゃん!」って思ったんだけど、10分もすると、痛みの場所を特定できないような痛みが出てきた。
はじめはメイルエッジの装着の練習も兼ねてるから、痛くなったら外してを繰り返した。

わかったことは、亀頭直下に巻く白いスポンジにうまく固定用のゴムを合わせないとすべって抜けてしまうこと。さらには、無理な力で引っ張っても、痛いし、時間が経つとすべって抜けてしまうってこと。
メイルエッジの推奨しているトレーニング方法でも、始めはとにかく慣れることと書いてある。しっかりと装着できた時には歩いても平気。意外にも抜けない。でもそのしっかりと装着された感覚がわからないんだ。
結果、抜けないからしっかり装着されてるんだ、っていう後だしじゃんけんだと、メイルエッジをつけたままでの外出は怖い。あっ、取れちゃったじゃ済まないからだ。
メイルエッジを装着した直後にしっかり着いているということをわかるようになるまでは練習期間なのだろう。

今日はとりあえず1時間の装着。あまり引っ張っていないので、おちんちんは痛くない。
これからメイルエッジと長い付き合いが始まるわけだ。まぁ、気長にあせらず使っていこうと思う。
もちろん時々おちんちんのサイズ測定を行って、このブログと本サイトの方で経過を報告したいと考えている。
出会い系サイト

彼女やセフレがいると、おちんちんを大きくする励みになります。ミッション15がハマッてる優良出会い系サイトです。



ハッピーメールバナー

アンドロヤマトV3

アンドロヤマトV3
アンドロヤマトV3

驚きの15,800円!

マックスゲージ

強い吸引力が決め手! 手動ポンプで3,600円。ゲージが付いてるから安心して吸引できます。

ミスターハイ

プロフィール

チントレ15cm

Author:チントレ15cm
おちんちんを大きくしたいと吸引ポンプとチントレで頑張ってます。
目標は15cmかな・・・プラス2.5cm
そしてカリ高。目標はカリ巾45mm

目標達成の日はくるのか?

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示